水と健康に関する知識

妊婦さんの水分補給と飲み物

お腹の赤ちゃんはお母さんが食べるもの、飲むものから栄養をもらって育っています。妊婦さんならみなさん、毎日どんな食事をして、どんなものを飲むか気をつけていらっしゃると思います。ただし、つわりのひどい時期だったりすると、なかなか思うような食事ができないという場合もあるでしょう。つわりが起こる時期は妊娠5・6週以降が多いですが、この頃はまだおなかの赤ちゃんは大人の小指の先くらいの大きさで、

ウォーターサーバーの水で補給できるミネラルを知る

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水には、カルシウムやマグネシウムなど、さまざまなミネラル成分が含まれています。ミネラルというと、私たちが健康であるためにとっても大切なものということはわかっていても、具体的にミネラルが体の中でどんな働きをしているかは意外に知らないものです。ここでは、ウォーターサーバーの水やミネラルウォーターに含まれている主要なミネラル成分の体の中での働きや健康効果をお話しします。

飲料水それぞれの特徴を理解する

毎日必ず口にしているお水。水と言っても水道水、浄水器を通した水、ペットボトルのミネラルウォーター、そして、このサイトでもご紹介しているウォーターサーバーといろいろありますが、みなさんは普段、どんな水を飲んでいますか。私たちが普段口にしている飲料水は様々ですが、水道水はなんとなく不安と考えていたり、浄水器なら少しは安心かもと、ぼんやりとしたイメージが先行していて、それぞれの本当の実態を正確に理解している方は少ないようです。

水素水って何?

モデルさんやハリウッド女優、トップアスリートなど、美容と健康に特に関心の高い人の間に愛飲する人の多い水素水。でも、「水素水って何?」「水素水ってどんなメリットがあるの?」という方も多いでしょう。このページでは水素水についての基本知識と水素水のメリットについてお話します。

老廃物の排出を意識した水の飲み方

肩こりや腰痛、便秘、倦怠感、冷え性。こうした大きな病気とは言えないものの、体の不調を訴える女性は非常に多く、しかも20代の若い女性にも増えています。「未病」といった言葉もあるように、現状では病気ではないものの、そのまま放置しておくと重大な病気にもなりかねない状態とも言えます。

日本の水資源の現状

地球は「水の惑星」とも呼ばれるように、およそ14億立方キロメートルもの水があり、これは水星や火星、木星など他の惑星にはない大きな特徴です。この水の大部分は海水で、地球全体の水の約98%を占めています。残りの2%が淡水ですが、ほとんどは南極や北極の氷で、私たち人間が利用可能な水はわずかに0.8%程度でしかありません。

自分に合う水を見つける方法

ウォーターサーバーで提供される天然水や市販のミネラルウォーターも、軟水、硬水、アルカリイオン水、炭酸水など、千差万別といっていいほどいろいろあり、「ウチではどれを選んだらいいのだろう」と迷ってしまう方もいるでしょう。そんな方は、まずはいろいろな水を飲んで自分がおいしいと感じた水を選んでみることです。天然水はいろいろと飲んでみると、それぞれしっかりと味があり微妙な味の違いがわかるようになるはずです。

ミネラルウォーター類の原料水の違い

みなさんがコンビニエンスストアやスーパーなどでミネラルウォーターを購入する際の選ぶポイントは何でしょうか?ラベルのイメージ、商品のネーミング、テレビCMでよく見かけるもの、あるいは特売セール中のものなど様々だと思いますが、時間のある時は一度、ラベルの表記を確認してみてください。硬度や軟水か硬水かといった表記と、栄養成分表示としてのエネルギーやたんぱく質、カルシウム

国産ミネラルウォーターと輸入品との違い

多くの方が飲んでいるスーパーやコンビニエンスストアに並んでいるペットボトル入りのミネラルウォーター類は、一部の輸入のミネラルウォーターを除いて、国産のものはほとんどが加熱殺菌処理されています。それは後述する農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」の内容や、昭和61年まで、食品衛生法でミネラルウォーター類の加熱殺菌が規定されていたという事情があります。

名水百選はおいしい水なの?

スーパーや量販店などに並ぶペットボトルや瓶入りのミネラルウォーター類には、「名水百選選定の水」なとど表示しているものがありますが、名水百選に選定されれば飲料水としても優秀であるというイメージを持っている方も多いでしょう。「名水百選」とは1985年に環境省が選定した全国各地のきれいな水とされる河川や湧き水、地下水のことです。「名水百選に選定されている」というと

ミネラルウォーターの誕生から普及まで

私が子供のころ、1980年代までは「水を買う」という人はほとんどいなかったと思います。「蛇口をひねればいくらでも出る水をなぜわざわざ買うのか?」という意識が普通の時代です。日本人特有の意識を象徴する言葉として「安全と水はタダ」という言葉を聞かれたことはありませんか?これは海外では「安全も水もお金を出して買うもの」で、日本人が海外へ行く際には

ミネラルウォーターの普及

戦後の混乱期を経て、高度成長期に国民の所得は飛躍的に増え、日本人の生活は豊かになりました。外食産業の市場拡大に伴ってミネラルウォーターは飲食店、おもにバーやキャバレーといった業態での酒類の水割り用として販売需要が拡大します。折からのウイスキーの水割りブームもあり、サントリーやニッカウイスキーといった酒類メーカーが主にウイスキーの水割りでの需要を想定して

浄水器の普及とウォーターサーバーの誕生、普及へ

ミネラルウォーターが身近になるとともに、「安全と水はタダ」という意識の強かった日本人にとって不安な情報が出るようになりました。集合住宅における受水層のよごれ、トリハロメタン、カルキ臭、赤錆等の問題がマスコミで取り上げられることにより、水道水への不安が高まったのです。これにより、まず水道の蛇口に取り付けるタイプの浄水器が普及し、

寝る前の1杯の水の大切さ

心筋梗塞や脳梗塞をはじめとする虚血性心疾患といった脳血管系の重大な病気は、夜中から早朝にかけて発症するケースが多いといわれています。これは睡眠中に大量に汗をかくのに、水分補給ができないために血液の粘度が上がるからなのです。この早朝の恐ろしい病気を予防するには、寝る前にコップ一杯の水を飲む事が大切です。

尿酸値を下げるポイントは水分補給

チョッとした風に当たっただけでも、痛くて痛くてのたうちまわるほどという例えから名付けられたと言われる「痛風」痛風というと、贅沢な食べ物ばかり食べている中年期以降の男性の病気というイメージがありますが、最近では若い男女でも痛風の発作で病院に駆け込む人が少なくないそうです。

お酒を飲んだらしっかり水分補給を

昔から「酒は百薬の長」といわれるように、適量のお酒は血管を拡げて血流を良くし、血圧を安定させて脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクを下げることがわかっています。ここで言われる適量とは、1日に飲むお酒に含まれる純アルコール量で20g~24g程度までと言われています。これは、血液中のアルコール濃度が0.1%以下に抑えられる量と言われており、

ダイエットを意識した水の飲み方

以前、「水飲みダイエット」というテーマのテレビの健康番組を見たことがあります。やせたいのであれば、しっかりと水を飲みましょうということが番組の趣旨だったと記憶していますが、この水飲みダイエットを誤解している方も多いようです。水飲みダイエットを、食事を減らして、お腹がすいたら水を飲んで紛らわすものと考えている方もいるようですが、これは大きな間違いです。

このページの先頭へ