水の価格だけでなくトータルコストで比較を

アルピナウォーター
>>当サイトNo.1の格安ウォーターサーバー「アルピナウォーター」<<

ウォーターサーバを検討する際に誰でも気になるのが価格ですね。

サーバーレンタル料無料としているところが多いので、お水のお値段ばかりに目がいきがちですが、ウォーターサーバーの価格の仕組みを理解して、お水の価格だけでなくサーバーのレンタル料やメンテナンス料なども含めたコストで比較することがポイントです。

また、北海道は別途送料がかかる場合もありますので、送料や配達地域については「配達地域で比較」のページも確認してみてください。

短期間で解約してしまって違約金が発生しないように、解約条件もしっかりと確認しておきましょう。

ここでは、4人家族で1ヶ月に12リットルボトルを4本、48リットル消費するとして比較してみます。

各社でボトルの容量が違うため、料金を比較するためにボトルサイズが12リットル以外のものは換算して計算しています。

ウォーターサーバー各社のお値段比較(税別)

品名 水の価格 サーバー
レンタル料
メンテ
ナンス料
合計
(500mL換算価格)
アルピナウォーター 948円 572円 無料 4,364円(45.5円)
クリクラ 1,250円 無料 5,000円(1年毎) 5,417円(56.4円)
アクアクララ 1,200円 1,000円 無料 5,800円(60.4円)
おいしい水の宅配便 1,238円 855 無料 5,807円(60.4円)
プレミアムウォーター
(3年契約プラン)
1,620円 無料 無料 6,480円(67.5円)
富士の湧水 1,524円 762円 無料 6,858円(71.4円)
クリティア 1,750円 無料 無料 7,000円(72.9円)
うるのん 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
オアシスウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
コスモウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
ドリームウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
恵ウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
BLUEウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
ラピロスウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
サントリー天然水 1,150円 無料 無料 7,077円(73.7円)
フレシャス 1,800円 無料 無料 7,200円(75.0円)
キリンアクウィッシュ 1,809円 無料 無料 7,237円(75.4円)
スマイルベビー水 1,809円 無料 無料 7,237円(75.4円)
島根のおいしい天然水 1,809円 無料 無料 7,237円(75.4円)
日田天領水 1,566円 無料 無料 7,517円(78.3円)
プレミアムウォーター 1,900円 無料 無料 7,600円(79.2円)
恵ウォーター 1,760円 無料 無料 7,040円(73.3円)
MCMのめぐみ 1,955円 670円 無料 8,490円(88.4円)
Mizの樹 2,148円 無料 無料 8,592円(89.5円)
アースウォーター
(長割プラン)
2,250円 無料 無料 9,000円(89.5円)

 

価格の違いはお水の種類とボトルの違い

ウォーターサーバーのサービス料金は、お水の価格とウォーターサーバー本体のレンタル料金、サーバーのメンテナンス料が基本となります。

ただし、最近はサーバー本体のレンタル料とメンテナンス料は無料とするところが多く、価格の違いは水の種類とボトルタイプの違いによると考えていいでしょう。

天然水よりはROろ過のお水がお値段はお安くなりますし、ボトルも1回使い切りのワンウェイタイプよりは配達員が回収して再利用するリターナブルタイプが安くなります。

サーバーレンタル料って無料がイイの?

「サーバーレンタル料無料!お水の代金だけ!」というセールスをする業者が多いのですが、ウォーターサーバー本体のコストはお水の代金に含まれていると考えた方がいいでしょう。

サーバーレンタル料を設定しているところは、2年ごとにサーバーを新品と交換してくれたり、定期メンテナンスをしてくれるところもあります。

人数の多いご家庭用やオフィスや待合室などいわばヘビーユーザーであれば、プロのメンテナンスは必要です。

また、サーバーレンタル料は水のボトルを何本注文するかにかかわらず、毎月必ず発生する固定費ですので、注文本数が多いほどコストメリットが高くなります。

サーバーレンタル料については、無料の方がいいという単純な話ではなく、ここでお話ししたことをふまえて、ご利用になる方の状況によって考えるといいでしょう。

アルピナウォーターはなぜここまで安いのか?

アルピナウォーター

表を見ていただければわかるとおり、お水の価格だけでなくサーバーレンタル料金、メンテナンス料金を含めたトータルコストでも、アルピナウォーターが圧倒的に安いですね。

1ヶ月のコストが4,580円と他社と比べても圧倒的に安いアルピナウォーターですが、その安さの理由は採水地の管理、製造ボトリングの工場、配送、コールセンターまですべて自社管理だからです。

また、お水をRO膜でろ過し、オゾン殺菌するため、天然水よりも原水の管理コストを削減できるという事もあります。

RO水も天然水も両方楽しめるコスモウォーター

コスモウォーター

アルピナウォーターはお値段が最安値で原水が天然水というのは魅力ではありますが、「やっぱりお水そのもののおいしさを楽しめる天然水にこだわりたい」という方、天然水がいいけど、お値段も気になるという方には、3つの天然水にプラスして、RO水のプラスプレミアムも選べるコスモウォーターをおすすめします。

コスモウォーターのプラスプレミアムは、RO水でもボトルがワンウェイボトルで外気が入りにくく、安全面でも安心な点が魅力です。

このページの先頭へ